【ヴィッツvsデミオ】どっち買う?燃費・広さetc.で比較

  • 【ヴィッツvsデミオ】どっち買う?燃費・広さetc.で比較 はコメントを受け付けていません。

 

 

この数年、車市場では空前のコンパクトカーブームが到来しています。

もちろんワンボックスやSUVなども人気がありますが、車体価格や購入後の維持費、そして値上がりが続くガソリン代を節約するためにもコンパクトカーを選ぶユーザーが多くなっています。

そのためメーカー各社からコンパクトカーが発売されています。

それぞれのコンパクトカーの特徴や性能をよく知っておけば、自分にピッタリと会った1台を見つけることができるはず!

では根強い人気を誇るコンパクトカー、トヨタヴィッツと若い盛大を中心に人気を集めているマツダデミオを徹底比較してみましょう。

 

 

マツダデミオとは?

 

マツダを代表するコンパクトカーとして1996年に登場し、2014年に現行モデルとなる4代目がデビューしました。

スペイン語で「私のもの」という意味を持つ言葉から車名がとられています。

日本国内にとどまらず、欧米でも人気の高いコンパクトカーとして注目されています。

他のメーカーが発売しているコンパクトカーとの差別化を図るためにも、色々な部分にマツダのこだわりが見られます。

そのため「新世代のコンパクトカー」という呼び声も聞こえます。

どんなこだわりがあるのかは、これから詳しく見ていきましょう。

 

 

【ヴィッツvsデミオ】価格・特徴で比較

 

デミオの最大の特徴ともなっているのは、マツダが開発したクリーンディーゼルエンジンを搭載していることです。

エコカーブームでハイブリッド車が多く開発販売されている中でディーゼルエンジンということで驚かれる方も多いはずです。

でもただのディーゼルエンジンではありません。

スカイアクティブと呼ばれる、マツダの技術力が凝縮されたエンジンに生まれ変わることで、クリーン且つ静かなディーゼルエンジンになっています。

ガソリン車と比較しても遜色がなく、リッター当たりの値段は安いため燃費の向上にも役立ちます。

気になる価格ですが、ベーシックなグレードはガソリン車の13cで、車両価格は135万円からです。

コンパクトカーとしては平均的な価格と言えるでしょう。

ただし装備品は最低限なので、スマートシティ・ブレーキサポートやフルオートエアコン、LEDなどの装備が欲しい方は、さらに上のグレードの購入がおすすめです。

ディーゼル車はガソリン車と違い少し大きめの1.5リッターエンジンが搭載されています。

1.5リッターでありながら、実際のパワーは2.5リッターエンジンに匹敵する実力です。

そのため価格も少し高くなり、グレードXD178万円からのスタートになります。

 

モデルチェンジと共に進化を続けるトヨタのコンパクトカー、ヴィッツにはハイブリット車も入れると合計22ものグレードが存在しています。

最大の特徴は、すべてにおけるバランスの良さです。

大きな欠点を見つけるのが難しいほどです。

価格、燃費、内装、車内の広さなど、コンパクトカーの中ではすべて上位にランクインするでしょう。

そのため、どの世代であっても乗っていて飽きのこないデザインです。

車両価格は120万円台から230万円台と大きな幅があります。

コンパクトカーに200万円以上出すのはちょっと躊躇ってしまいますが、その価値は十分にあります。

 

 

【ヴィッツvsデミオ】人気・評判で比較

 

走行性や内装インテリアなどにこだわりがある方には、デミオが人気です。

ドライバーの操作性が徹底的に研究されて開発されているため、それほどこだわりがない方でも一度運転すれば、他のコンパクトカーとの違いにもすぐに気が付くほど。

内装インテリアにもマツダのこだわりが随所にちりばめられています。

高級外車を思わせるように近未来的なデザインも魅力的です。

特に運転席前方に装備されている、アクティブドライビングディスプレイはナビゲーションシステムや前の車との距離などが表示され、とても便利です。

また車両や歩行者を認識してくれる自動ブレーキシステム、スマートシティ・ブレーキシステムも装備され安全面でも優れている1台です。

 

一方のヴィッツですが、内装インテリアという部分では劣ってしまうものの、走行性や外装デザインなどは2017年にフルモデルチェンジをすることで、良い評判を得ています。

以前のデザインではどうしても女性が好む丸みを帯びたイメージが強かったです。

でも現行モデルでは力強いフロントバンパーや欧州車を感じさせるリアコンビネーションランプなど、今の流行りを取り込んだデザインに進化しています。

エンジンは1.0リッターと1.3リッターがありますが、人気があるのは1.3リッターです。

街乗りでも高速でも不自由なく乗り回せる大きさもいいでしょう。

 

 

【ヴィッツvsデミオ】大きさ・広さ・乗り心地で比較

 

デミオの定員は他のコンパクトカー同様に5人ですが、やはり大人5人で乗車すると後部座席に若干の窮屈感を感じます。

一方のフロントシートには振動吸収ウレタンを採用しゆったりとした大きめサイズのシートに仕上がっています。

そのため座席に座ると体全体をシートが包み込んでいるような座り心地を体験できます。

長時間の運転でも疲れを感じないシートアレンジになっています。

またスタイリッシュなデザインであるものの、ラゲッジスペースもしっかりと確保されているため、ゆとりを持って荷物の積み下ろしができます。

 

ヴィッツも同様に4人で乗車するならば問題ないものの、5人でフル乗車になると後部座席は狭くなります。

ただしそのコンパクトな車体ゆえに小回りが効くというメリットもあります。

ガソリン車であれば、最小回転半径は4.5m、ハイブリッド車だと4.7mとどちらも5mを切っています。

街乗りが多い方にとっては小回りが効いた方が乗りやすいシーンが多いです。

シート自体はモデルチェンジをするたびにクッション性が向上しているため、長時間座っていてもお尻が痛くなったりすることもなく、快適なドライブを楽しめます。

 

 

【ヴィッツvsデミオ】燃費と維持費で比較

 

どっちも魅力的なコンパクトカーですが、一番気になるのは購入後にかかる費用かもしれません。

その中でも一番かかるのがガソリン代。

では両車の燃費を比較してみましょう。

デミオにはご紹介したように、ディーゼル車とガソリン車があります。

ディーゼル車はオートマ車で約20.0km/L、マニュアル車で約24.0km/L程度です。

ディーゼル車であるものの、マツダの技術力によってハイブリッド車に勝るとも劣らない燃費が実現しました。

パワフルな走りが可能になりながら、3ナンバー車のような燃費の心配はないというポイントも見逃せません。

ガソリン車は少し燃費が劣りますが、オートマ車で約17.0km/L、マニュアル車で約18.0km/Lなので、コンパクトカーとしては合格点です。

ディーゼルは軽油を給油するので、購入後の維持費を安く抑える助けにもなります。

 

ヴィッツの燃費はガソリン車とハイブリッド車で見てみましょう。

ガソリン車(1.3リッター)は街乗りになると約14km/Lと少し数値は落ちてしまいます。

ハイブリッド車では約21km/Lとなり、デミオのディーゼル車といい勝負になります。

ハイブリッド車であれば、エコカー減税対象車なので各種税金を節約し維持費を抑えることが可能です。

 

 

【ヴィッツvsデミオ】まとめ

 

どっちも捨てがたい魅力的なコンパクトカーです。

少し予算に余裕があり、ドライビングを楽しみたい方にはデミオがおすすめです。

なるべく費用をかけずにお手頃で乗りやすいコンパクトカーを希望するならヴィッツを選べば間違いないでしょう。

2018年現在」

 

マツダデミオをもっと詳しく知りたい!

>>コンパクトカーどれ買うの?【マツダデミオ編】

 

 

スポンサードリンク


 

【トヨタヴィッツ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【トヨタヴィッツ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

  • 2019 01.28
  • 【ヴィッツvsデミオ】どっち買う?燃費・広さetc.で比較 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事