ヴィッツdeキャンプ!車中泊仕様でのおすすめグッズ

  • ヴィッツdeキャンプ!車中泊仕様でのおすすめグッズ はコメントを受け付けていません。

 

キャンプをするときに車の中で眠れる車を探している人はいませんか?車の中で寝起きできるといわれると、少し大きめの車でないと無理と思っている人も多いでしょう。

しかしコンパクトカーの中には、キャンプで活用できるような車内スペースを確保されている車も見られます。

ここではトヨタの人気コンパクトカー・ヴィッツについて紹介します。

 

 

そもそもヴィッツで車中泊は可能なのか?

 

トヨタのコンパクトカーとして、高い人気があります。

20173月上旬現在で、累計販売台数が実に200万台を突破しているほどです。

なぜここまで高い人気があるのか、安全性能が充実しているからです。

前の車が急に停車したときなどイレギュラーで危機的な状況になったときに対応してくれるので安心感があります。

しかもカラーバリエーションも充実していて、17種類の中から好きな色を選ぶことが可能です。

 

そしてこちらの車、車の中で一泊をするのに十分な機能が備わっています。

コンパクトカーで眠れるだけのスペースがあるのかと疑問に感じるかもしれません。

しかし大の大人でも十分眠れるだけの空間が確保されているのです。

 

 

【ヴィッツ車中泊】後部座席と荷室容量

 

なぜ車中泊のできるコンパクトカーと言い切れるのか、それは後部座席にあります。

こちらの車種は、後部座席を倒せばフルフラットになります。

平らになるため、ちょっとしたベッドのような感じになるわけです。

普通の車であれば、後部座席は倒せません。

座った状態で長時間眠るのは難しいですし、腰が痛くなるかもしれません。

それがフルフラットになれば、よく眠れるはずです。

後部座席の材質についてもレビューなどを見ると、クッション性に優れているとの評価がしばしば見られます。

ですから体にしっかりフィットして、眠っているときに体に大きな負担がかかることもないでしょう。

コンパクトカーの中では後部座席の材質は十分満足できるレベルといえます。

 

ラゲッジスペースについてもそれなりの空間が確保されています。

5人フル乗車している場合の容量は278リットルになっています。

車の中で眠る人はキャンプなどで活用したいと思っている人も多いでしょう。

キャンプをする際には、いろいろなアイテムを持っていきたいはずです。

そのアイテムを入れられるだけのスペースは十分確保できているといえます。

ちょっとしたキャンプのお供になる車種です。

 

 

【ヴィッツ車中泊】おすすめのグレードは?

 

後部座席がフルフラットになるため、車の中で眠ることは十分可能です。

しかしここで注意しなければならないのが、この後部座席フルフラットになるのは全グレードではない点です。

通常のグレードの場合、後部座席を倒すことはできます。

しかしラゲッジスペースとの間に段差ができてしまうのです。

これでは気持ちよく眠れるかというと難しい注文です。

しかしこの段差をフォローできるようなアタッチメントを活用すれば、ほぼ段差のない状態で快適に眠れるでしょう。

この装備をアジャスタブルデッキボードといいます。このアジャスタブルデッキボードが標準搭載されているグレードはいくつかに限られます。

ちなみに標準搭載されているのはHYBRID UHYBRID JewelaU(2WD)1.3Jewela(2WD)4種類です。

HYBRID FF“SMART STOPパッケージ”・F(2WD)F“Mパッケージ”・Jewela“SMART STOPパッケージ”・1.0Jewelaについては、販売店でアジャスタブルデッキボードはオプションとして装備することが可能です。

このように同じ車種でもグレードによってフルフラットになるかどうかわかりません。

これから購入しようと思っているのであれば、この部分に注意が必要です。

ディーラーで店員に確認するといいでしょう。

 

 

【ヴィッツ車中泊】より快適にするためのおすすめグッズ

 

キャンプなどで車の中で眠ろうと思っているのであれば、いろいろとグッズが販売されています。

このアイテムを利用すれば、より快適に車内で過ごせるでしょう。

フルフラットにするだけではクッション面が固く、熟睡するのは少しきついと思う人も出てくるかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、キャンピングマットです。

キャンピングマットを敷くことで、だいぶふわふわした感じになります。

中には厚さが6cmもあるようなキャンピングマットも出てきているほどです。

これくらいの厚みがあれば、フカフカで一気に寝心地もよくなるでしょう。

しかし6cmも厚みがあると、荷物がかさばって車の中に入りきらなくなるのではないかと思う人もいるでしょう。

一般的にキャンピングマットは空気を抜いて丸めると、一気にコンパクトになります。

中にはペットボトル大のサイズになるものもあるほどです。

これなら別に車内でかさばるようなこともないはずです。

ちなみに空気を入れて使用できる段階になるまで、大体5分くらいです。

バルブを開けば自動的に空気の入るようなアイテムもあります。

ちょっと外で活動している間にマットは出来上がり、というわけです。

 

川などで遊んでいるときに、服がびしょびしょになってしまった、車内で着替えたいけれども周りにみられるし…という悩みを抱えたことはありませんか?

そのような時に活用したいのが、カーテンです。

窓にカーテンを装着すれば、周りからみられるような心配もないです。

また夜眠るときに周りの明かりがまぶしくて眠れないということもあるかもしれません。

そのような時にもカーテンを使えば、光から車内を遮ることも可能です。

周りから覗かれる心配もなくなって、ぐっすり眠れるのではありませんか?

夏場のアウトドアは楽しい半面、虫がうっとうしいと感じたことはありませんか?車の中に蚊が入ってしまって、かゆくて眠れない、「ブ~ン」という羽音がうるさいという不満を感じたこともあるでしょう。

そのような時のために、虫よけアイテムも常備しておきましょう。

その中でも人気の高いのは、「1プッシュで蚊がいなくなるスプレー」です。

これは1プッシュするだけで、虫よけ効果が24時間も持続します。

車にこだわりのある人は、このようなスプレーを使用すると臭いがこびりついてしまうのではないかと心配するかもしれません。

しかしこちらのスプレーは無香料ですから、においが染みつくような心配もないです。

車で寝泊まりする際のお供としても重宝する存在です。

 

 

【ヴィッツ車中泊】まとめ

 

このようにVitzで車内にて眠ることは十分可能です。

しかしその場合には、グレードによってフルフラットに後部座席にならないものもある点に注意しましょう。

購入する前に、「後部座席はフルフラットになりますか?」とディーラーに確認しておくといいでしょう。

ただしフルフラットになるだけで、車の中で気持ちよく眠れるかというと決してそうではないです。

そこで快眠できるようなアイテムも一緒に持っていくといいでしょう。

キャンピングマットやカーテン、虫よけスプレーなどがあれば、快適に車内に過ごせるはずです。

しかもVitzはコンパクトカーです。

小回りも利きますので、都会の狭い道幅の道路でもすいすいドライブできます。

このため、多種多様な用途で活用できる車種といえます。

燃費にも優れていて、ガソリン代も節約できる優れものの車といえます。

アウトドアのお供にいかがですか?

 

 

スポンサードリンク


 

【トヨタヴィッツ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【トヨタヴィッツ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

  • 2019 01.28
  • ヴィッツdeキャンプ!車中泊仕様でのおすすめグッズ はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事