【ヴィッツ】いくらかかる?税金と年間維持費

  • 【ヴィッツ】いくらかかる?税金と年間維持費 はコメントを受け付けていません。

 

ヴィッツはトヨタが販売しているコンパクトカーです。

燃費、価格、走行性能のバランスが良く非常に売れています。

街中を走っていてもヴィッツの姿を見ない日はないのではないでしょうか。

現在用意されているグレードは、排気量では1000cc1300cc1500cc3種類、動力もガソリンのみの車と補助装置としてモーターを装備している車があります。

購入時の税金や購入後の年間の維持費はいくらかかるのか、ちょっと調べてみました。

 

 

ヴィッツにかかる自動車税・種類と金額

 

自動車を購入すると、自動車重量税と自動車取得税という税金がかかります。

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンでは税金が変わりますが、ヴィッツはガソリンエンジン搭載車のみですので、今回はガソリンエンジン搭載車のみ絞ります。

まず自動車重量税ですが、これは自動車の重量に比例して高くなる税金です。

1トンで壁があり、ヴィッツの車両重量は970kgから1110kgとなっているため15,000円、22,500円のどちらかになります。

自動車取得税もかかります。

自動車取得税は50万円以上の自動車を購入した場合にかかる仕組みになっており、高額なモデルほど自動車取得税も高くなります。

込み入った計算になり難しいのですが、ヴィッツの場合は約35,000円から約56,000円になります。

また、自動車税がかかります。

購入した月によって金額が変わりますが、自家使用だと下記のようになっています。

※○月…購入月

4月 :31,600

5月 :28,700

6月 :25,800

7月 :23,000

8月 :20,100

9月 :17,200

10月:14,300

11月:11,500

12月:8,600

1月 :5,700

2月 :2,800

3月 :0

 

 

ヴィッツはエコカー減税対象となるのか?

 

結論から言いますと、ヴィッツはエコカー減税対象車です。

グレードによって違いますが、ハイブリッド機能搭載車は自動車重量税及び自動車取得税は全額免除です。

ハイブリッド機能の無いモデルについても、自動車重量税は25%の減税、自動車取得税については20%減税になります。

具体的には自動車重量税は3,800円もしくは5,700円の減税、自動車取得税は約7,000円から約9,800円の減税です。

この軽減措置、自動車重量税は2019年の430日まで、そして自動車取得税は2019331日までになっています。

購入する場合は急いだ方がいいでしょう。

エコカー減税という制度は2009年に始まりました。

当初は2012年までの3年間と発表されていましたが、延長措置が繰り返され、2019年までになりました。

自動車業界や、自動車情報誌では2019年以降もエコカー減税が続くという見方がされています。

しかし、適用条件は更新の度に厳しくなっており、2019年以降の条件にヴィッツが合格できるか、という問題もあります。

合格できれば引き続き安く購入することができます。

 

 

ヴィッツのその他の年間維持費

 

ひとくちに維持費といっても何を含むのかの定義が人それぞれですので難しいのですが、新車購入して1年間で必ずかかる金額から順に、計上していきましょう。

まずは税金です。

自動車税が1300cc及び1500ccモデルは34,500円、1000ccモデルは29,500円かかります。

次に点検です。

法律では半年ごとの定期点検が義務付けられています。

トヨタの場合、新車購入後の半年点検は消耗品意外は基本無料になっています。

1年点検は、ディーラーによって多少差はありますが、消耗品を除くとおおよそ15,000円かかります。

1年でかかる金額は以上で、1000ccモデルが約44,500円、1300cc及び1500ccモデルが約49,500円かかります。

その他にかならずかかる金額としては3年後にやってくる車検です。

これは50,000円程度の金額と消耗品代金がかかります。

消耗品代金は運転の頻度や運転の仕方によって変わりますが、30,000円として合計で80,000円、これを3年で割ると年間26,666円になります。

税金と車検代金を足すと1000ccモデルが56,166円、1300cc及び1500ccモデルが61,166円になります。

所有しているだけでかかる金額は以上になります。

次に任意保険と消耗品、そして燃料代金です。

任意保険は全年齢対応だと高額となりますが、年齢によって金額が変わります。

31歳以上という条件がつくと安くなります。

事故歴の有無で金額が変わりますが、12等級26歳以上だと約68,700円となりますので、ひとまずはこの数字で考えます。

そして消耗品です。

消耗品の代表といえばタイヤ、車検では溝の深さで交換時期を決めますが、あまり長い期間使うとゴムが劣化して危険です。

3年に1度、36,000円のタイヤを購入するとして年間では12,000円になります。

降雪地域だとスタッドレスタイヤの代金も40,000円程度かかります。

しかし今回は考えないものとします。

ワイパーは性能が劣化するので年に1度の交換するのが良いと推奨されています。

ワイパーは前後で5,000円程です。

燃料代です。

こちらは使用頻度によって大きく変わります。

さらにガソリン代金も値動きが激しく、昨今では上昇傾向になっています。

ヴィッツの燃料タンク容量が36リットルから42リットル、レギュラーガソリンが150円で計算すると

月に1回満タンにするとして6,000円、年間72,000円で計算します。

以上になります。

上記合計すると157,700円になります。

税金、点検、燃料代など全て合計すると1000ccモデルが213,866円、1300cc及び1500ccモデルが218,866円となります。

走行距離や消耗品に、タイヤチョイスなどによっても変わりますので、あくまでも参考になります。

また、駐車場が無い場合は借りなければなりません。

駐車場代金として、日本の平均額は8,300円、年間では99,600円かかります。

高速道路を使用した場合もお金がかかります。

おおまかな目安ですが、年間2,000キロ走ったとして、約50,000円になります。

全て合計すると1000ccモデルが318,466円、1300cc及び1500ccモデルが323,466円になります。

改めてみると結構な金額ですが、移動手段として優秀なだけでなく、所有欲も満たしてくれるのが自動車です。

支出額だけでは判断しない方がいいでしょう。

 

 

保険料を安くする方法 自動車保険一括見積もり

 

自動車保険を取り扱っている保険会社はネット自動車保険の台頭もあり、非常に多くなってきています。

サービス内容も各社で異なっており、金額も同一ではありません。

しかし、同じような保証内容で契約しても、保険会社によってかかる金額が変化することをご存知ですか?

ネット自動車保険は安さを売りにしていますが、一般の保険と比較して本当に安いのか、調べたことのある方はなかなかいらっしゃらないのではないでしょうか。

その手間をあまりかけずに見積もりできるのが、ネットによる自動車保険の一括見積もりです。

保険の切り替えの時期が近い方は、ちょっと試してみませんか?

保険料が安くなれば、その分ガソリン代金に回すこともできますよ。

2018年現在」

 

スポンサードリンク

 

【トヨタヴィッツ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【トヨタヴィッツ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

  • 2019 01.28
  • 【ヴィッツ】いくらかかる?税金と年間維持費 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事