【ヴィッツ】おすすめオプションパーツはこれだ!

  • 【ヴィッツ】おすすめオプションパーツはこれだ! はコメントを受け付けていません。

 

 

オプションパーツはアクセサリーとも呼ばれ、あとから車につけることのできる装備です。

快適になる装備、安全になる装備、外観が変わる装備などがあり、好みでチョイスして取り付けることができます。

オプションは色々なメーカーから出されていますが、自動車メーカーで作っているオプションは純正オプション、自動車メーカー以外で作られているオプションは社外オプションなどと呼ばれています。

お好みのオプションを装着して自分だけの1台を作れば、愛車にさらなる愛着がわきます。

他の車との差をつけることもできますので、どんどん装着してみましょう。

スポンサードリンク

メーカーオプションとディーラーオプションの違い

 

純正オプションにもメーカーオプションとディーラーオプションの2種類があります。

その違いを簡単に説明しますと、メーカーオプションは工場で取り付けるオプション、メーカーオプションは販売店で取り付けることができるオプションになります。

メーカーオプションは大規模な改造が必要なオプションで、ディーラーオプションはそれほど手間のかからないオプションと考えていただければわかりやすいと思います。

メーカーオプションの代表的なものとしてはサンルーフや安全装備、本革シートなどがあります。

ディーラーオプションの代表的なものとしてはフロアマットやサイドバイザー、室内LED灯などがあります。

メーカーオプションは基本的には注文時、製造時しか取り付けることができません。

納車後に取り付けることはまずできませんので、注文時には注意が必要です。

ディーラーオプションは納車後でも取り付けることができますが、注文時にまとめて取り付けた方が工賃が安上がりかつ時間がかからずにすみます。

トヨタ純正用品は、基本的に3年間もしくは6km保証になっています。

また、新車購入時はローンを組む方がほとんどだと思いますが、オプション品についてもローンに組み込むことができます。

新車購入ローンは金利がお得になっていることがほとんどですので、そういった意味でも、注文時にまとめてしまった方が金額的にもおすすめです。

ディーラーオプションは腕さえあれば自分で取り付けることも可能です。

工賃節約のために自分でチャレンジするのもいいのですが、運転中に外れたりした場合は場合によっては捕まってしまいます。

自分で取り付ける際は十分な注意が必要です。

スポンサードリンク

【ヴィッツ】おすすめメーカーオプション

 

ヴィッツのメーカーオプションは、セットとして用意されています。

おすすめとしてはナビレディセット。

バックカメラやハンドルにオーディオ操作スイッチを取り付けます。

このバックカメラもオーディオスイッチも各社のナビに対応している優れもの。

バックカメラやハンドルスイッチは一度使うと手放せなくなる便利な装備です。

LEDランプセットもおすすめ。

車のイメージが変わるメーカーオプションです。

ヘッドランプとブレーキランプがLEDになりシャープな光に、省電力にも寄与します。

さらにはクリアランスランプ(ポジションランプ)もLEDとなりクールな印象を与えます。

スマートエントリーセットもおすすめ装備の一つ。

鍵を差し込むことなくドアを開けることができ、エンジンをかけることのできるシステムです。

買い物などで両手がふさがっている時にありがたみを感じるこのシステム、導入する価値ありです。

スポンサードリンク

【ヴィッツ】おすすめディーラーオプション

 

おすすめオプションとしてはまずはカーナビ。

いまや必須のアイテムとなっているカーナビですが、ヴィッツにももちろん装着可能です。

トヨタでも用意していますが、社外品でも大丈夫です。

様々なメーカーから発売されていますが、今まで使っていたメーカーの後継機を購入するもよし、音質にこだわったメーカーのナビを購入するもよしです。

最近はスマホのナビも高性能になっていますが、電波状況や電池切れによって使えなくなることもありますので、やはり据え置き機が安心です。

そして最近話題の危険運転や煽り運転対策としてドライブレコーダーもおすすめです。

万一の事故のときも証拠になりますので取り付けておいたほうがいい装備です。

カー用品店でも安価な物が販売されていますが、事故が起きたときに撮れていなかった、ということもあるようです。

ディーラーで用意されているモデルでしたらまず大丈夫。

多少高価になりますが、ディーラーオプションを選択したほうが安心です。

高速道路を利用する方にはETCも装着しておいて欲しい装備です。

ETCを使うことで高速料金の割引もありますので装着しないのは損です。

トヨタ純性では30,000円程度からあります。

ETCはカー用品店でも特に大きな割引はありませんので、自動車購入時に装着してしまったほうが楽でしょう。

 

スポンサードリンク

【ヴィッツ】各グレードの必須オプション

 

各グレード共通で必要なオプションとしてはサイドバイザーがあげられます。

喫煙者や雨天時の曇り取り等に活躍するこのオプション、金額も安くおすすめです。

スタイルの変化や風切音の増大などで取り付けない方も増えているようですが、最近のサイドバイザーは改善されており音も少なくなっています。

10,800円です。

喫煙者の減少によって最近の車は灰皿が装備されていません。

ヴィッツもそのうちの1台、喫煙者は灰皿を用意する必要があります。

純正オプションとしては1,836円と7,560円の物が用意されていますが、自動車用品店では多くの種類が用意されています。

お気に入りのデザインを探してみてはいかがでしょうか。

Toyota Safety Senseは純正でついているグレードもありますが、HYBRID FF”SMART STOPパッケージ”、FF”Mパッケージ”についてはオプションになっています。

安全装備はお世話にならないのであればそれに越したことはありませんが、そうはいかない場合もあります。

メーカーオプションとなっており、43,200円です。

それから意外と見落とされがちなスピーカーも交換した欲しい装備のひとつです。

純正品はコストの関係でかなり安価な物が装備されています。

セットで1万円以下のスピーカーでも、社外品に交換することで音質が劇的に向上します。

ドライブ中は愛車のエンジン音をBGMにするのもいいですが、お気に入りの音楽を流すのもいいですよ。

スポンサードリンク

【ヴィッツ】オプションまとめ

 

必須のオプションとしてはまずはナビ。

行ったことの無い土地で案内してもらえるのは非常にありがたい装備です。

いまや装着が普通になっているナビですが、取り付けないのはもったいないですよ。

ナビを装着したらスピーカーも交換して欲しい装備です。

そしてサイドバイザーもぜひ取り付けていただきたい装備のひとつ。

喫煙される方には合わせて灰皿も取りつけていただきたいと思います。

また、裏技としてハイブリッド車は寒冷地仕様にする、というものがあります。

ハイブリッド車はエンジンを温める為だけにアイドリングを行うことがあります。

寒冷地仕様にすると暖気の為のアイドリングの間隔が開くため、アイドリングの時間が少なくなり、結果として燃費が伸びます。

15,120円から21,160円かかりますが、ガソリンタンクを3回から4回満タンにした位の金額で、リッター当たり2kmから3km走行距離が延びることになります。

九州、沖縄など暖かい地域では効果は薄いのですが、検討してみてはいかがでしょうか。

2018年現在」

 

スポンサードリンク

 

【トヨタヴィッツ】を値引き金額から更に 50 万円安くする方法

 

 うわっ・・・俺の車、下取り安すぎ・・・?

 

「予算をオーバーした分、どこかで工面しないと…」

「この金額じゃ嫁さんからOKが出ない…」

「少しでも予算を浮かせてデミオで旅行したい」

「ディーラーを回るのは面倒くさい」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「あのディーラーの売り込みが気に入らない」

 

1つでも当てはまるあなた

 

朗報です。

 

【トヨタヴィッツ】を値引き金額から
更に 50 万円安くする方法があるんです!!

 

 

数万円値引きするのも大変なのに

まさかそんな方法がある訳ない

とお思いでしょう。

 

それが、あるんです!

 

まあ、誰しも出来るだけ安く買いたいのは

当然でしょうから

一応、試してみてはどうでしょうか?

 

誰でも簡単に利用できる

サービスなのですから。

 

 下取りに一括査定サイトを使う!

 

そのサービスとは

 

下取りに一括査定サイトを使う

 

ということです。

 

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円に!!

 

 

安心車.jpという

一括査定サイトがあります。

 

このサイトのサービスを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

 

  • 2019 01.28
  • 【ヴィッツ】おすすめオプションパーツはこれだ! はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事